お知らせ

お知らせ

謹賀新年2021

2021年01月01日

新年明けましておめでとうございます

林ハートクリニックはおかげさまで、昨年も重大な心事故はなく、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の院内感染を出すこともなく、無事に10回目の新年を迎えることができました。

昨年は、世界的な新型コロナウイルス感染症蔓延による社会活動低下に伴う経済的な影響もありましたが、何よりも身体活動低下に伴う運動耐容能低下を認め、生活の質の低下や生命予後短縮を生じた年だったと感じています。特に心臓病やそのリスクがある方への直接的な影響や心理的な影響については、非常に心配される状況となりました。

年末に昨年1年間に当院で実施された心肺運動負荷試験を解析しました。その結果、緊急事態宣言前後の3か月間(4月~6月)の運動耐容能の平均値は、その前の3か月(1~3月)の平均値より明らかに低下しておりましたが、幸いにもその後も外来心臓リハビリテーションの通院回数を維持継続された方の運動耐容能は回復してきていることが示されており、改めて院内の感染対策をできうる限り行い、外来心臓リハビリテーション患者さんの受け入れを行っていく重責を感じています。(※昨年当院で実施した感染対策については、InstagramやFacebookをご参照ください)

最も運動耐容能が低下しているのは、社会活動低下が過度であった方々と思われました。不安が強かった、家族の反対があり外に出られなかった、仕事がオンラインになり自宅にずっといた、会社の経営のため自己管理どころではなかったなど、結果として低下せざるを得ない状況と推察いたしますが、心臓病という基礎疾患があるため疾病管理としてはより心配な状況であることには変わりありません。なんとか疾病管理体制も整えられる状況になればと願っています。

今後の感染状況にもよりますが、現時点では感染対策はこれからもしっかりと行いつつ、同時に身体活動低下にならないように維持していくことも重要であると考えています。

心臓疾患に対する適切な疾病管理を行い、健康寿命延伸・生活の質の向上を目的に、必須の治療「外来心臓リハビリテーション」を提供し、地域の皆さまのお役に立てるように、引き続き本年もスタッフ一同精進してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
令和3年 元旦  林ハートクリニック 院長 林宏憲

(南天は難を転じて福となす)

「地域連携の集い」で発表いたしました

2020年12月19日

2020/12/19(土)に京都府立医科大学付属病院と京都府医師会共催で行われました、「地域連携の集い」ー地域全体が集結する医療のためにー(WEB開催)に、演者の一人として参加し発表いたしました。

今回のシンポジウムテーマは「高齢化社会と共に歩む循環器診療」、発表したパネルディスカッション「高齢者の循環器における地域包括ケアについて」というテーマの中で、「心不全・心臓リハビリテーション(案内状はリハビリテーションでしたが実際は心臓リハビリテーションです)の話題」を、担当いたしました。

これまで世界で報告された数多くのエビデンスをもとに循環器学会他が作成した「急性・慢性心不全診療ガイドライン」では、左室駆出率EFの低下した心不全(HFrEF)やEFの保たれた心不全(HFpEF)にも心臓リハビリテーションは推奨されています。また、日本心不全学会作成の「高齢心不全患者の治療に関するステートメント」では、心臓リハビリテーションは高齢者心不全に対する基本的な治療法であると記されています。現在わが国にような超高齢社会における循環器診療としても、心不全やフレイルに対する外来心臓リハビリテーションは、各学会の方針としても必須の治療(必ず受けなければならない治療)と位置付けられています。

心不全の5年生存率は、がんの平均的な生存率とほぼ同等かそれよりも悪いといわれていますが、外来心臓リハビリテーションによる運動療法を含む疾病管理を継続して行った人は、行わなかった人よりも、生命予後が改善することがわかっています。心不全の外来患者さんの数は入院の3倍になると考えられ、再入院を防ぎQOL改善や生命予後改善のためには、外来心臓リハビリテーションは地域包括ケアとしても必要な診療ですが、実はほとんどの心不全患者さんは、外来心臓リハビリテーションを受けておられないこともわかっています。また、心不全は無症候性の時から疾病管理を確実に行うことが、心不全入院や増悪を防ぐことにつながります。

心不全治療は地域全体で診ていく必要があります。その中で当院では保険適応のある通院可能な心不全患者さんに、必須の治療である外来心臓リハビリテーションを提供しています。まだこの治療を受けられていない方は、是非ご相談ください。

年末年始休診のお知らせ

2020年12月01日

年末年始は下記の期間休診となります。
休診日 12月29日(火)~1月3日(日)
新年は
1月4日(月)から 開始いたします。
よろしくお願い致します。

発熱等の症状のある方の診療体制について

2020年11月22日

(2020/11/1から)

当院に定期通院されている方

診療時間内に当院に電話をして下さい。

必要があれば京都府・医師会京都検査センターに紹介いたします(ドライブスルー方式PCR検査)。

診療時間外や当院に定期通院されていない方

「きょうと新型コロナ医療相談センター」(下記)に電話して下さい。

電話 075-414-5487 (365日24時間、京都府・京都市共通)

参照:京都府HP https://www.pref.kyoto.jp/kentai/news/corona_taiseihenkou.html

2020年度(令和2年度)インフルエンザ予防接種のお知らせ

2020年10月01日

2020年度インフルエンザ予防接種を開始いたしました。
下記ご確認の上、診療時間内に必ずお電話でご予約ください。

 ●接種期間:2020年10月1日(木)から2021年1月30日(土)
  (9:00~11:00の枠でご予約致します)
  ・高齢者の方は10月1日から、一般の方は10月26日からの接種開始となります。
  ・例年10月下旬から11月末までの接種をご案内しています。
 ●料金:自費3,500円
 ●対象年齢:13歳以上
 ●予約電話:075-212-0889
 ●備考:在庫に限りがあります。お早めにご予約ください。

京都市高齢者インフルエンザ予防接種に該当する方
料金:自費2,000円
対象者:以下のいずれかに該当する京都市民
(1) 接種日現在65歳以上の方
(2) 接種日現在60~64歳で,心臓,腎臓又は呼吸器の機能に障害があり日常生活を極度に制限される方
(3) 接種日現在60~64歳で,ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害があり日常生活を極度に制限される方

※事前手続きにて、接種料金が1,500円・1,000円・無料に該当する場合があります。詳細は下記ご確認下さい。
https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000273644.html
(予防接種の自己負担区分証明書発行申請(接種料金軽減のための事前申請)については、今年度は郵送申請受付のみとなり、区役所・支所等の窓口では、申請受付できません。)

 

注意事項

※当日来院の際は、マスク着用で、来院時に手指消毒をお願い致します。
※当日朝を含む接種前2週間に発熱や感冒症状がある場合は接種できません。ご連絡ください。
※喫煙者のインフルエンザの予防には禁煙が効果的です。また、現在喫煙している方は、当日禁煙で来院頂ける方のみ予約を受付いたします。
※他院に受診されている方で、ご予約を希望される場合は、担当医に予防接種を受けてよいことを確認して下さい。
※インフルエンザ予防接種の新規受付について
前年度に当院で接種頂いた人数分のワクチンは確保できましたが、特に今年度は需要増加が見込まれるため、早めにご予約下さい。

10月休診日のお知らせ

2020年09月30日

10月の休診日につきご連絡いたします
・10月31日(土)休診

よろしくお願い致します。

8月休診日のお知らせ

2020年07月31日

8月休診日につきご連絡いたします
・8月11日(火)~8月15日(土)(お盆休み)
 8月17日(月)から通常診療となります
よろしくお願い致します。

7月休診日のお知らせ

2020年06月30日

7月の休診日につきご連絡いたします
・7月18日(土)休診

よろしくお願い致します。

6月休診日のお知らせ

2020年06月13日

6月の休診日につきご連絡いたします
・6月13日(土)休診

よろしくお願い致します。

4/29-5/6休診のお知らせ

2020年04月20日

2020年4月29日(水)~5月6日(水)
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う全国緊急事態宣言の発令に伴い、上記期間を休診とさせて頂きます。ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


京都市中京区 烏丸御池 林ハートクリニック

林ハートクリニック

診療内容

心臓リハビリテーション科、
循環器内科、内科、禁煙外来

所在地

〒604-0825
京都市中京区御池通堺町西入
御所八幡町231
シカタカトルズビルディング3階

TEL.075-212-0889

  • 地下鉄烏丸線・東西線
    「烏丸御池駅」1番出口より徒歩3分
  • 市バス・京都バス
    「堺町御池」バス停下車 徒歩1分

交通案内(マップ)


林ハートクリニック facebook

林ハートクリニック インスタグラム


このページの先頭へ